特定非営利活動法人 ラ・ファミリエ

慢性疾患をのりこえていく子どもたちのジョブプロジェクト

http://www.job-famille.org

小児がんと先天性心疾患などを持つ子ども・成人した患者とその家族を対象とした実態調査を行い、サロンの開設・交流会の開催とともに、コミュニケーション能力を向上させて働きがいを見出すための研修や職業体験活動を実施する事業を行っています。


 

事務作業支援システム

https://www.cc-sodan.jp/coss/

子育て療育相談コンシェルジュ・サービス事業を利用してみたい。

コンシェルジュ・相談員としての事業参加に興味がある。

e-母子手帳システムを含め本事業の新規会員の仮登録登録内容変更はこちらのサイトで行えます。

 

特定非営利活動法人ラ・ファミリエ

http://www.npo-lafamille.com/

『難病の子どもとその家族を支援する』特定非営利活動法人ラ・ファミリエの本家サイト。

病気で入院や通院する子どもを支える家族のための滞在施設「ファミリーハウス」の運営・管理や

ピアカウンセリング事業、子どもたちが楽しめるイベント活動を行っております。

 

 

ラ・ファミリエ facebook

https://ja-jp.facebook.com/familliecc

  facebook 始めました♪

 

えひめ子育て応援サイト ~おしえてあげるよ…~

http://you-to-me.org/

  病気や障害のある子どもと家族を応援するために、あそび場、相談窓口、施設、
バリアフリーの状況など、いろいろな情報を公開しているサイトです。  

 

 

食物アレルギーの子を持つ親の会『ぴよっこ』 facebook

https://www.facebook.com/piyokko.a

食物アレルギーの子を持つ親の会『ぴよっこ』は、食物アレルギーの子を持つ親がお互いの悩みを持つもの同士の地域のつながりがあったらいいなという想いから、愛媛県内に住む

食物アレルギーの子を持つ親が中心となり結成されました!

交流、情報交換をすることで、食物アレルギーを持つ子ども・人の健康、子供の心身の健全なる成長を支援します。

 

JHHHネットワーク

http://www.jhhh.jp/

 全国に点在するホスピタル・ホスピタリティ・ハウス(滞在施設、患者家族滞在施設、慢性疾患児家族宿泊施設、サポートハウス、ファミリーハウス(R)、アフラックペアレンツハウス、ドナルド・マクドナルド・ハウス、などの呼称 ) のネットワークです。

 

多胎育児支援団体 えひめ多胎ネット

http://ehimetatai.exblog.jp/

 多胎児(双子・三つ子)を妊娠中や育児中のママの相談を受けたり、多胎サークルを紹介したり、ママが笑顔で育児できるようにサポートしている団体です。同じ経験をしてきた仲間(ピア)が相談を受けます!

 

公益財団法人 がんの子どもを守る会

http://www.ccaj-found.or.jp/

小児がんは医学の進歩にともなって、「不治の病」から「治る病気」になりつつあります。

しかし、小児がんの患者とその家族はさまざまな問題を抱えているのが現状です。

がんの子どもを守る会は、患者家族が直面している困難・悩みを少しでも軽減すべく、多くの方々の支援のもとに活動をしている団体です。